オマーン, モロッコ, ラトビア, 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。
flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag
EDIT:あなたのプロフェッショナルな翻訳パートナーです。
edit@edit.fr
Facebook Facebook
全世界での祝日やお祝い

グアム : 祝日、銀行休業日、休校日

link

グアム : 2ヶ月間の祝日、銀行および証券取引所の休業日、見本市、文化・スポーツイベント、行事、カーニバル、選挙に関するスケジュール完全版



Internet domain: .gu - Telephone code: +1-671 - International dialing code: 011
通貨: Dollar (USD) ... ココで換算
週末:土曜日と日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:
英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー) ...
Edit までご連絡ください



日付 種類
感謝祭*2017 11月 木曜日 23世俗的な休日 
view more
ブラックフラ イデー2017 11月 金曜日 24世俗的な休日 
view more
カマリンの聖母の日**2017 12月 金曜日 8世俗的な休日 
view more
クリスマスの休日 (始め)2017 12月 金曜日 22上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
クリスマスの日**2017 12月 月曜日 25カトリックやプロテスタント 
view more

死者の日 -
2018 11月 金曜日 2

世俗的な休日 : これは非常に年間を通して変換されているが、これは子供たちと死者を祝うためにprehispanicメキシコで意図されていた古代の祝祭です。この休日は、メキシコの家族が彼らの死者と生活の継続性を覚えている時間です。オリジナルのお祝いは死んだ、女神ミクトランシワトルのレディ主宰し、子どもたちと死者に捧げ、Miccailhuitontliの月に、アステカ文明に遡ることができます。この祭典はまた、ラテンアメリカの他の国々で観察されます。家族が墓を訪問し、墓をリニューアル花とそれを飾る、出かけるとお祝いのピクニックを食べに従事します。


感謝祭 -
2017 11月 木曜日 23

世俗的な休日 : 感謝祭(かんしゃさい、英語: Thanksgiving Day)は、アメリカ合衆国とカナダの祝日のひとつ。Thanksgivingと略称されたり、あるいは七面鳥の日(Turkey Day)と呼んだりもする。アメリカでは11月の第4木曜日、カナダでは10月の第2月曜日になっている。日本のプロテスタントでは収穫感謝日と呼ぶ。


ブラックフラ イデー -
2017 11月 金曜日 24

世俗的な休日 :


カマリンの聖母の日* -
2017 12月 金曜日 8

世俗的な休日 : グアムの守護聖人サンタ・マリアン・カマレン(Santa Marian Kamalen)としても知られています。 口頭伝承はサンタ・マリアン・カマレンが数世紀前に背中に照らされた奉納蝋燭で2頭のカニに護衛された海岸に浮かんだことに関連しています。


クリスマスの休日 (始め) -
2017 12月 金曜日 22

学校の休み :


クリスマスの日 -
2017 12月 月曜日 25

カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). Germanic tribes also celebrated mid-winter (drinking and rituals). The Bulgarian (with Koleduvane) and the Polish (with Gwiazdka) perpetuate this tradition. Jesus of Nazareth was probably born in springtime. But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I. Thus, a Christian element was introducedin the long-established mid-winter festivals.