カザフスタン, 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。
flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag
EDIT:あなたのプロフェッショナルな翻訳パートナーです。
edit@edit.fr
Facebook Facebook
全世界での祝日やお祝い

インド (ウッタルプラデシ州) : 祝日、銀行休業日、休校日

link

インド (ウッタルプラデシ州) : 2ヶ月間の祝日、銀行および証券取引所の休業日、見本市、文化・スポーツイベント、行事、カーニバル、選挙に関するスケジュール完全版




通貨: Rupee (INR) ... ココで換算
週末:土曜日と日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:
英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー), ベンガル語、アッサム語 (1.8億スピーカー), ヒンディー語 (2億スピーカー), パンジャブ語 (85百万のスピーカー), タミール語 (5500万スピーカー), テルグ語(70百万のスピーカー) ...
Edit までご連絡ください



日付 種類
冬の休日 (終了)**2018 1月 月曜日 1上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
共和国記念日*2018 1月 金曜日 26世俗的な休日 
view more
預言者の記念日2017 12月 金曜日 1イスラム教 
view more
冬休み(学校休日の開始)2017 12月 金曜日 22上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
クリスマスの日*2017 12月 月曜日 25カトリックやプロテスタント 
view more

冬の休日 (終了) -
2018 1月 月曜日 1

学校の休み : St. Aloysius' High School, Kanpur - http://www.staloysiusknp.org/
the official state calendar can be seen on https://3.bp.blogspot.com/-MeVOdozUJqQ/WM5gjf3JIFI/AAAAAAAAOZs/tRHEhzssZr83rNE3dr77frLPhJzza5VTwCLcB/s1600/official%2BHoliday%2BList%2B2016%2Bfor%2BGovernment%2BPrimary%2BSchool%2B%2Bupper%2Bprimary%2Bschool%2Bby%2BAllahabad%2BBSA%2Boffice%2B.jpg
Specials schools in Uttar Pradesh are dedicated to working children
Schooling is mandatory till age 14
Teaching languages: Hindi, Urdu, English
schools close on Saturday
school uniforms required


共和国記念日 -
2018 1月 金曜日 26

世俗的な休日 : 1929年12月31日 - 1930年1月1日の真夜中に、インディアン・ナショナル・ミーティングのラホール・セッションであった。トリカラー・フラッグはナショナリストによって広げられ、毎年1月26日に独立記念日が 人々がインドの独立国家設立のために絶え間なく努力することを祝いました。 1947年8月15日に英国の統治からの独立が達成されたにもかかわらず、インドの憲法会議によって構成されたインドの憲法が発効した1950年1月26日に、公約が成功裏に償還された。 15日は独立記念日、1月26日は共和国の日として祝われます。 www.indiaa2z.com


預言者の記念日 -
2017 12月 金曜日 1

イスラム教 :


冬休み(学校休日の開始) -
2017 12月 金曜日 22

学校の休み :


クリスマスの日 -
2017 12月 月曜日 25

カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). \"Jesus of Nazareth was probably born in springtime. But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I. Thus, a Christian element was introducedin the long-established mid-winter festivals. \"