カザフスタン, 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。
flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag
EDIT:あなたのプロフェッショナルな翻訳パートナーです。
edit@edit.fr
Facebook Facebook
全世界での祝日やお祝い

インド (タミルナードゥ) : 祝日、銀行休業日、休校日

link

インド (タミルナードゥ) : 2ヶ月間の祝日、銀行および証券取引所の休業日、見本市、文化・スポーツイベント、行事、カーニバル、選挙に関するスケジュール完全版




通貨: Rupee (INR) ... ココで換算
週末:土曜日と日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:
英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー), ベンガル語、アッサム語 (1.8億スピーカー), ヒンディー語 (2億スピーカー), パンジャブ語 (85百万のスピーカー), タミール語 (5500万スピーカー), テルグ語(70百万のスピーカー) ...
Edit までご連絡ください



日付 種類
チェンナイオープンテニス*2018 1月 月曜日 1スポーツイベント 
view more
ミツト**2018 1月 月曜日 1世俗的な休日 
view more
ミツト**2018 1月 月曜日 1上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
収穫祭*2018 1月 日曜日 14ヒンズー教 
view more
ポンガル*2018 1月 月曜日 15ヒンズー教 
view more
ヒンズー教の祝祭*2018 1月 火曜日 16世俗的な休日 
view more
共和国記念日*2018 1月 金曜日 26世俗的な休日 
view more
預言者の記念日*2017 12月 土曜日 2イスラム教 
view more
冬の休日 (終了)2017 12月 ?曜日 6上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
オリモ、ホミンネユ**2017 12月 木曜日 21世俗的な休日 
view more
クリスマスの日*2017 12月 月曜日 25カトリックやプロテスタント 
view more

チェンナイオープンテニス -
2018 1月 月曜日 1

スポーツイベント : Http://www.atptennis.com 2018 edition confirmed


ミツト -
2018 1月 月曜日 1

世俗的な休日 : The world's most widely celebrated holiday, New Years was set on January 1 by Julius Caesar because that was the date the Roman consuls took over their duties. A number of restricted holidays apply to civil servants, such as: Makar Sankranti, Pongal, Basant Panchami/Sri Panchami, Guru Ravidas痴 Birthday, Swami Dayananda Sarawati Jayanti, Shivaji Jayanti, Holika Dahan/Dolyatra, Chaitra Sukladi/Gudi Padava/Ugadi/Cheti Chand, , Ram Navami, Easter Sunday, Hazarat Ali痴 Birthday, Vaisakhi/Vishu/Mesadi, Vaisakhadi(Bengal)/ Bahag Bihu (Assam), Guru Rabindranath痴 Birthday, Jamat-Ul-Vida, Rath Yatra, Parsi New Year痴 day/Nauraj, Onam or Thiru Onam Day, Raksha Bandhan, Vinayaka Chaturthi/ Ganesh Chaturthi, Dussehra (Maha Saptami) (Additional), Dussehra (Maha Ashtami) (Additional), Dussehra (Maha Navmi), Maharishi Valmiki痴 Birthday, Karaka Chaturthi (Karva Chouth), Deepavali (South India), Naraka Chaturdasi, Govardhan Puja, Bhai Duj, Pratihar Sashthi or Surya Sashthi (Chhat Puja), Guru Teg Bahadur痴 Martyrdom Day, Christmas Eve


ミツト -
2018 1月 月曜日 1

学校の休み : Www.tndte.gov.in
Official calendar
Schooling is mandatory till age 14
Teaching languages: Tamil, English
schools are open on Saturday
school uniforms required
confirmed till June 2018


収穫祭 -
2018 1月 日曜日 14

ヒンズー教 : Makar Sankranti: apart from a harvest festival is also regarded as the beginning of an auspicious phase in Indian culture, it is said as the 'holy phase of transition'. It marks the end of an inauspicious phase which according to the Hindu calendar begins around mid-December. [Wikipedia]


ポンガル -
2018 1月 月曜日 15

ヒンズー教 : The symbol is the movement from one place to another which leads to meeting someone or something. The sun leaves its present constellation to get into Sakranti .


ヒンズー教の祝祭 -
2018 1月 火曜日 16

世俗的な休日 : A celebrated Tamil poet who wrote the Thirukkural, a work on ethics in Tamil literature. [Wikipedia]


共和国記念日 -
2018 1月 金曜日 26

世俗的な休日 : 1929年12月31日 - 1930年1月1日の真夜中に、インディアン・ナショナル・ミーティングのラホール・セッションであった。トリカラー・フラッグはナショナリストによって広げられ、毎年1月26日に独立記念日が 人々がインドの独立国家設立のために絶え間なく努力することを祝いました。 1947年8月15日に英国の統治からの独立が達成されたにもかかわらず、インドの憲法会議によって構成されたインドの憲法が発効した1950年1月26日に、公約が成功裏に償還された。 15日は独立記念日、1月26日は共和国の日として祝われます。 www.indiaa2z.com


預言者の記念日 -
2017 12月 土曜日 2

イスラム教 : Birthday of the Prophet, Mohammed. For nine days there are Parties with fairs, feasting, and parades. Stories are told about how the mountains danced when Mohammed was born, and sang, There is no god but Allah. The trees answered, And Mohammed is his Prophet.


冬の休日 (終了) -
2017 12月 ?曜日 6

学校の休み :


オリモ、ホミンネユ -
2017 12月 木曜日 21

世俗的な休日 : Election day R. K. Nagar & Chennai


クリスマスの日 -
2017 12月 月曜日 25

カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). \"Jesus of Nazareth was probably born in springtime. But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I. Thus, a Christian element was introducedin the long-established mid-winter festivals. \"