バーレーン, ブータン, ブータン(セントラル州), 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。
flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag
EDIT:あなたのプロフェッショナルな翻訳パートナーです。
edit@edit.fr
Facebook Facebook
全世界での祝日やお祝い

シリア : 祝日、銀行休業日、休校日

シリア : 2ヶ月間の祝日、銀行および証券取引所の休業日、見本市、文化・スポーツイベント、行事、カーニバル、選挙に関するスケジュール完全版



.
Internet domain: .sy - telephone code: +963 - International dialing code: 00
通貨: Pound (SYP) ... ココで換算
週末:金曜日と土曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:
アラビア語 (21 カ国で 1 億 400 万スピーカー), アルメニア(600万スピーカー), クルド人 (2000万スピーカー) ...
Edit までご連絡ください



日付 種類
ミツト**2018 1月 月曜日 1世俗的な休日 
view more
クリスマス休暇 (終了)**2018 1月 日曜日 14上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
三聖セインツ*2018 1月 火曜日 30ポストカード花 
view more
預言者の誕生日 (この日の前後に変わる場合もあります)*2017 12月 金曜日 1イスラム教 
view more
クリスマスの休日 (始め)2017 12月 木曜日 21上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
クリスマスの日*2017 12月 月曜日 25カトリックやプロテスタント 
view more

ミツト -
2018 1月 月曜日 1

世俗的な休日 : 元日(がんじつ)は、年の最初の日、日付は1月1日(改暦前は旧暦1月1日)。 Paid holiday when falling on Saturday or Sunday


クリスマス休暇 (終了) -
2018 1月 日曜日 14

学校の休み : Www.lfdamas.org

Schooling mandatory till age 12
Teaching language: Arabic
schools are closed on Friday & Saturday
school uniforms may be required


三聖セインツ -
2018 1月 火曜日 30

ポストカード花 : Refers to Basil the Great (also known as Basil of Caesarea), Gregory the Theologian (also known as Gregory of Nazianzus) and John Chrysostom. They were highly influential bishops of the early church who played pivotal roles in shaping Christian theology. Wikipedia


預言者の誕生日 (この日の前後に変わる場合もあります) -
2017 12月 金曜日 1

イスラム教 : 預言者、ムハンマドの誕生日。9 日間のフェア、祝宴、そしてパレードでパーティーがあります。山踊りモハメッドが生まれたと歌ったとき、どのように「ありませんアッラーの神」についての話を語られる木は答えた、「とモハメッドは、彼の預言者」


クリスマスの休日 (始め) -
2017 12月 木曜日 21

学校の休み :


クリスマスの日 -
2017 12月 月曜日 25

カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). \"Jesus of Nazareth was probably born in springtime. But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I. Thus, a Christian element was introducedin the long-established mid-winter festivals. \"