マリ, 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。
flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag
EDIT:あなたのプロフェッショナルな翻訳パートナーです。
edit@edit.fr
Facebook Facebook
全世界での祝日やお祝い

トーゴ : 祝日、銀行休業日、休校日

link

トーゴ : 2ヶ月間の祝日、銀行および証券取引所の休業日、見本市、文化・スポーツイベント、行事、カーニバル、選挙に関するスケジュール完全版



Internet domain: .tg - telephone code: +228 - International dialing code: 00
通貨: Communaut Africaine Financi鑽e Franc (XAF) ... ココで換算
週末:土曜日と日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:
雌羊 (300万スピーカー), フランス語 (30カ国で7500万スピーカー), ハウサ語 (3500万スピーカー), 方言 ...
Edit までご連絡ください



日付 種類
ラマダンの終わり (この日の前後に変わる場合もあります)*2018 6月 金曜日 15イスラム教 
view more
?C?[?h?E?A?????A?h?n?[2018 8月 ?曜日 22イスラム教 
view more
マトミン、゚ (ハシ、)2018 8月 金曜日 24上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
マトミン、゚ 」ィスKチヒ」ゥ2018 9月 月曜日 24上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
諸聖人の祝日**2018 11月 木曜日 1カトリック 
view more
クリスマスの休日 (始め)2018 12月 金曜日 21上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
クリスマスの日*2018 12月 火曜日 25カトリックやプロテスタント 
view more

ラマダンの終わり (この日の前後に変わる場合もあります) -
2018 6月 金曜日 15

イスラム教 : Ends the ninth month in the Islamic calendar. There were 30 days of strict fasting from sunup to sundown in honor of the first revelation to the Prophet Mohammed.


殉教者の日 -
2019 6月 金曜日 21

世俗的な休日 : 多数の軍不意の一撃の間に死んだ人に敬意を浮オて


聖母マリアの被昇天 -
2019 8月 木曜日 15

カトリック : 1950年11月1日にカトリック教会によって定義された教義:教皇ピオ藷世は、彼女の人生の最後に、メアリーの身体と魂が天に仮定したと宣言した。


?C?[?h?E?A?????A?h?n?[ -
2018 8月 ?曜日 22

イスラム教 :


マトミン、゚ (ハシ、) -
2018 8月 金曜日 24

学校の休み :


マトミン、゚ 」ィスKチヒ」ゥ -
2018 9月 月曜日 24

学校の休み :


諸聖人の祝日 -
2018 11月 木曜日 1

カトリック : ほとんどの企業が休日です 日は今、すべての教会の聖徒たち、名前で知られていないものも含めを表彰します。ボニファティウス4世が皇帝Phocasからの贈り物としてパンテオンを受け入れたときに最初にすべての聖人の日は5月13日、609(C.E.)で発生しました。宿屋の主人は、聖母マリアとすべての殉教者に敬意を表して、サンタ・マリア・ロトンダの教会としてそれを捧げました。グレゴリウス3世の治世(731から741)の間に、祭りはすべての聖人、聖で礼拝堂を含むように拡張されましたピーターの教会は、それに応じて専用されていました。グレゴリウス4世は、正式に第八百三十七で一日を指定します


クリスマスの休日 (始め) -
2018 12月 金曜日 21

学校の休み :


クリスマスの日 -
2018 12月 火曜日 25

カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). \"Jesus of Nazareth was probably born in springtime. But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I. Thus, a Christian element was introducedin the long-established mid-winter festivals. \"