flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag
EDIT:あなたのプロフェッショナルな翻訳パートナーです。
edit@edit.fr
Facebook Facebook
全世界での祝日やお祝い

インド (チャンディーガル) - 1970年から2070年までの世界の祝日

link

1970年から2070年までの世界の祝日(銀行休業日含む)カレンダー for インド (チャンディーガル)




通貨: Rupee (INR) ... ココで換算
週末:土曜日と日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:
英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー), ベンガル語、アッサム語 (1.8億スピーカー), ヒンディー語 (2億スピーカー), パンジャブ語 (85百万のスピーカー), タミール語 (5500万スピーカー), テルグ語(70百万のスピーカー) ...
Edit までご連絡ください



日付 種類
グルゴビンドシン生誕日*2017 1月 木曜日 5行事、お祝い... 
view more
グルゴビンドシン生誕日*2017 1月 木曜日 5ヒンズー教 
view more
冬の休日 (終了)**2017 1月 日曜日 8上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
ヴァサントパンチャミ*2017 1月 日曜日 22行事、お祝い... 
view more
共和国記念日*2017 1月 木曜日 26世俗的な休日 
view more
ヒンドゥー教の祭り*2017 1月 火曜日 31ヒンズー教 
view more
マハシバラトリ*2017 2月 火曜日 14ヒンズー教 
view more

グルゴビンドシン生誕日 -
2018 1月 金曜日 5

文化 : (22 December 1666 - 7 October 1708) is the tenth of eleven Sikh gurus. Born in Patna, Bihar in India, he was also a warrior, poet and philosopher. He succeeded his father Guru Tegh Bahadur as the leader of Sikhs at a young age of nine. He contributed much to Sikhism; notable was his contribution to the continual formalisation of the faith which the first Sikh Guru Nanak Dev had founded, as a religion, in the 15th century. Wikipedia


グルゴビンドシン生誕日 -
2018 1月 金曜日 5

ヒンズー教 : Guru Gobind Singh (22 December 1666 7 October 1708) was the tenth Guru of Sikhism. He was born in Patna, Bihar in India and became a Guru on 11 November 1675, at the age of nine years, succeeding his father Guru Tegh Bahadur. He was the leader of the Sikh faith, a warrior, a poet, and a philosopher. In the Sikh society, Guru Gobind Singh is considered a perfect example of manhood; highly educated, skilled in horsemanship, armed combat, chivalrous, and generous in character.


冬の休日 (終了) -
2018 1月 月曜日 8

学校の休み : Www.chdeducation.gov.in
official calendar
Schooling is mandatory till age 14
Teaching languages: Punjabi, Hindi, English
schools close on Saturday
school uniforms required
confirmed till Jan 2018


ヴァサントパンチャミ -
2018 1月 月曜日 22

文化 : Vasant means, the spring season . This is the great spring festival, falling on the fifth day of the month of Magh, the first day of spring. On this day everyone wears a yellow cloth. It represents the ripening of the spring crops. Even the food is coloured yellow by using saffron. Spiritually, the yellow colour is a sign of prosperity; it is the colour of love. On this day we offer special worship to the sun god, to Mother Ganga (the deity of the sacred river Ganges), and Mother Earth. They provide us the means of acquiring food and all that we need to keep alive. We express our gratitude to them by worshipping them. Hindus are ever mindful of the debt they owe to all nature. Worship of nature is extremely important to them.


共和国記念日 -
2018 1月 金曜日 26

世俗的な休日 : 1929年12月31日 - 1930年1月1日の真夜中に、インディアン・ナショナル・ミーティングのラホール・セッションであった。トリカラー・フラッグはナショナリストによって広げられ、毎年1月26日に独立記念日が 人々がインドの独立国家設立のために絶え間なく努力することを祝いました。 1947年8月15日に英国の統治からの独立が達成されたにもかかわらず、インドの憲法会議によって構成されたインドの憲法が発効した1950年1月26日に、公約が成功裏に償還された。 15日は独立記念日、1月26日は共和国の日として祝われます。 www.indiaa2z.com


ヒンドゥー教の祭り -
2018 1月 ?曜日 31

ヒンズー教 : Guru or Bhagat Ravidas (also Raidas) was a north Indian Sant mystic of the bhakti movement who was active in the 15th century CE. Venerated in northern India and in the Indian state of Maharashtra, he is the Satguru of the Ravidasi sect and one of the fifteen Bhagats of the Sikhs. His devotional songs and verses made a lasting impact upon the bhakti movement.


マハシバラトリ -
2018 2月 ?曜日 14

ヒンズー教 : A Hindu festival in honor of Lord Shiva and his marriage to Goddess Parvati. Ceremonies involving prayers and hymns take place mostly at night.