flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag
EDIT:あなたのプロフェッショナルな翻訳パートナーです。
edit@edit.fr
Facebook Facebook
全世界での祝日やお祝い

インド (ポンディチェリ) - 1970年から2070年までの世界の祝日

link

1970年から2070年までの世界の祝日(銀行休業日含む)カレンダー for インド (ポンディチェリ)




通貨: Rupee (INR) ... ココで換算
週末:日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:
英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー), ベンガル語、アッサム語 (1.8億スピーカー), ヒンディー語 (2億スピーカー), パンジャブ語 (85百万のスピーカー), タミール語 (5500万スピーカー), テルグ語(70百万のスピーカー) ...
Edit までご連絡ください



日付 種類
ラマダンの終わり (この日の前後に変わる場合もあります)2018 6月 金曜日 15イスラム教 
view more
ラマダンの終わり (この日の前後に変わる場合もあります)*2018 6月 土曜日 16イスラム教 
view more
マトミン、゚ (ハシ、)2018 6月 ?曜日 20上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
銀行目録*2018 7月 月曜日 2銀行は閉まっている 
view more
オリモ繦ミミ、ホミンネユ**2018 8月 月曜日 6世俗的な休日 
view more
独立記念日*2018 8月 ?曜日 15国家的記念日 
view more
マトミン、゚ 」ィスKチヒ」ゥ2018 8月 月曜日 20上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
?C?[?h?E?A?????A?h?n?[2018 8月 ?曜日 22イスラム教 
view more
クリシュナ神御降誕祭*2018 9月 月曜日 3ヒンズー教 
view more
ガネーシャチャトゥルティ祭*2018 9月 木曜日 13ヒンズー教 
view more
イスラム暦新年*2018 9月 金曜日 21イスラム教 
view more
銀行目録2018 9月 土曜日 29銀行は閉まっている 
view more
オリモ繦ミミ、ホミンネユ**2018 10月 月曜日 15世俗的な休日 
view more
マハナワミ/アユ−ダプージャ*2018 10月 木曜日 18ヒンズー教 
view more
中期休暇 (始め)2018 10月 金曜日 26上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
中期休暇 (始め)2018 10月 火曜日 30上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
解放記念日2018 11月 木曜日 1世俗的な休日 
view more
ディーパバリ*2018 11月 火曜日 6ヒンズー教 
view more
中期的な休日 (終わり)2018 11月 月曜日 12上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
預言者の記念日2018 11月 ?曜日 21イスラム教 
view more
クリスマスの休日 (始め)2018 12月 金曜日 21上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
クリスマスの日*2018 12月 火曜日 25カトリックやプロテスタント 
view more

ラマダンの終わり (この日の前後に変わる場合もあります) -
2018 6月 金曜日 15

イスラム教 :


ラマダンの終わり (この日の前後に変わる場合もあります) -
2018 6月 土曜日 16

イスラム教 : Ends the ninth month in the Islamic calendar. There were 30 days of strict fasting from sunup to sundown in honor of the first revelation to the Prophet Mohammed.


マトミン、゚ (ハシ、) -
2018 6月 ?曜日 20

学校の休み :


銀行目録 -
2019 7月 火曜日 2

銀行は閉まっている : Annual Closing of the Royal Bank of India (RBI)


オリモ繦ミミ、ホミンネユ -
2019 8月 火曜日 6

世俗的な休日 : Karkida Amavasai in Mahe regions only


独立記念日 -
2019 8月 木曜日 15

世俗的な休日 : Commemorates the day in 1947 when India achieved freedom from British rule


マトミン、゚ 」ィスKチヒ」ゥ -
2018 8月 月曜日 20

学校の休み :


?C?[?h?E?A?????A?h?n?[ -
2018 8月 ?曜日 22

イスラム教 :


クリシュナ神御降誕祭 -
2018 9月 月曜日 3

ヒンズー教 : Hindu celebration of the birthday of Sri Krishna, an incarnation of Lord Krishna. Sweets, fruits and milk products are available in abundance. Sri or Shree: A prefix denoting auspiciousness


ガネーシャチャトゥルティ祭 -
2018 9月 木曜日 13

ヒンズー教 : During ten days, Hindus must prepare the celebration at home この日に・大なゾウの偶像の前にはダンサ?[と音楽家がいる?B


イスラム暦新年 -
2018 9月 金曜日 21

イスラム教 : The first day of the year is observed on the first day of Muharram, the first month in the Islamic calendar. The first Islamic year beginning in 610 AD during which the emigration of Muhammad from Mecca to Medina, known as the Hijra [Wikipedia]


銀行目録 -
2018 9月 土曜日 29

銀行は閉まっている :


オリモ繦ミミ、ホミンネユ -
2018 10月 月曜日 15

世俗的な休日 : St Theresa in Mahe region only


マハナワミ/アユ−ダプージャ -
2018 10月 木曜日 18

ヒンズー教 : An integral part of the Dasara festival (festival of triumph), a Hindu festival. It is also called Astra Puja . In simple terms, it means 展orship of Implements.


中期休暇 (始め) -
2018 10月 金曜日 26

学校の休み :


中期休暇 (始め) -
2018 10月 火曜日 30

学校の休み :


解放記念日 -
2018 11月 木曜日 1

世俗的な休日 :


ディーパバリ -
2018 11月 火曜日 6

ヒンズー教 : The Light festival starts with festivities. The week celebrates 1.Dhanteras, 2.Kali Chaudas, 3.Deepavali, 4.Navu-Varsha (new year), 5.Bhai-beej. The Vai cast is mainly concerned. May last several days


中期的な休日 (終わり) -
2018 11月 月曜日 12

学校の休み :


預言者の記念日 -
2018 11月 ?曜日 21

イスラム教 :


クリスマスの休日 (始め) -
2018 12月 金曜日 21

学校の休み :


クリスマスの日 -
2018 12月 火曜日 25

カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). \"Jesus of Nazareth was probably born in springtime. But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I. Thus, a Christian element was introducedin the long-established mid-winter festivals. \"