EDIT:あなたのプロフェッショナルな翻訳パートナーです。
edit@edit.fr
Facebook Facebook
全世界での祝日やお祝い

インド (ナーガーランド) - 1970年から2070年までの世界の祝日

1970年から2070年までの世界の祝日(銀行休業日含む)カレンダー for インド (ナーガーランド)




通貨: Rupee (INR) ... ココで換算
週末:日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:
英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー), ベンガル語、アッサム語 (1.8億スピーカー), ヒンディー語 (2億スピーカー), パンジャブ語 (85百万のスピーカー), タミール語 (5500万スピーカー), テルグ語(70百万のスピーカー) ...
Edit までご連絡ください



日付 種類
ミツト熙ホネユ2015 1月 木曜日 1世俗的な休日 
view more
トトゥトハシ 」ィスKチヒ」ゥ**2015 1月 金曜日 2上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
共和国記念日*2015 1月 月曜日 26世俗的な休日 
view more
州の就任式の日2015 12月 火曜日 1世俗的な休日 
view more
トトゥトハシ 」ィ饑ハシ」ゥ2015 12月 木曜日 17上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
クリスマス イブ2015 12月 木曜日 24世俗的な休日 
view more
クリスマスの日*2015 12月 金曜日 25カトリックやプロテスタント 
view more

ミツト熙ホネユ -
2017 1月 日曜日 1

世俗的な休日 :


トトゥトハシ 」ィスKチヒ」ゥ -
2017 1月 月曜日 2

学校の休み(慎重に検査しなさい) : Http://www.nbsenagaland.com/ Nagaland Board of School Education confirmed till Dec 2016


共和国記念日 -
2017 1月 木曜日 26

世俗的な休日 : It was the Lahore Session of the Indian National Congress at midnight of December 31, 1929 - January 1, 1930, that the Tri-Colour Flag was unfurled by the nationalists and a pledge taken that every year on January 26, the Independence Day would be celebrated and that the people would unceasingly strive for the establishment of a Sovereign Democratic Republic of India. The professed pledge was successfully redeemed on January 26, 1950, when the Constitution of India framed by the Constituent Assembly of India came into force, although the Independence from the British rule was achieved on August 15, 1947. It is because of this that August 15 is celebrated as Independence Day, while January 26 as Republic Day. www.indiaa2z.com


州の就任式の日 -
2017 12月 金曜日 1

世俗的な休日 :


トトゥトハシ 」ィ饑ハシ」ゥ -
2016 12月 土曜日 17

学校の休み(慎重に検査しなさい) :


クリスマス イブ -
2016 12月 土曜日 24

世俗的な休日 :


クリスマスの日 -
2016 12月 日曜日 25

カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). \"Jesus of Nazareth was probably born in springtime. But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I. Thus, a Christian element was introducedin the long-established mid-winter festivals. \"