バーレーン, ブータン, ブータン(セントラル州), 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。
flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag
EDIT:あなたのプロフェッショナルな翻訳パートナーです。
edit@edit.fr
Facebook Facebook
全世界での祝日やお祝い

ギニア・ビサウ - 1970年から2070年までの世界の祝日

1970年から2070年までの世界の祝日(銀行休業日含む)カレンダー for ギニア・ビサウ



Internet domain: .gw - Telephone code: +245 - International dialing code: 00
通貨: Communaut Africaine Financi鑽e Franc (XAF) ... ココで換算
週末:土曜日と日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:
方言, ポルトガル語 (7カ国で1.6億スピーカー) ...
Edit までご連絡ください



日付 種類
ミツト**2015 1月 木曜日 1世俗的な休日 
view more
クリスマス休暇 (終了)*2015 1月 土曜日 3上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
英雄記念日**2015 1月 火曜日 20世俗的な休日 
view more
クリスマスの休日 (始め)2015 12月 火曜日 15上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
クリスマスの日*2015 12月 金曜日 25カトリックやプロテスタント 
view more

ミツト -
2018 1月 月曜日 1

世俗的な休日 : 元日(がんじつ)は、年の最初の日、日付は1月1日(改暦前は旧暦1月1日)。 Paid holiday when falling on Saturday or Sunday


クリスマス休暇 (終了) -
2018 1月 ?曜日 3

学校の休み : Source: www.portugal.gov.pt
based on the calendar issued by the Ministry of Education of Portugal
all study programs are theoratically aligned with the requirements of the Bologna Process, But due to poverty, in certain islands, parents contribute sacks of cashews, rice, fish or palm oil to pay the costs of teachers and school maintenance
PISA ranking for Portugal (average 493): 501
Schooling is theoratically mandatory till age 18
Usually no school on Saturday
No uniform required
confirmed till June 2018


英雄記念日 -
2018 1月 土曜日 20

世俗的な休日 : In remembrance of Amcar Cabral, who participated in the independence of Cape Verde and Guinea Bisau. Paid holiday when falling on Saturday or Sunday


クリスマスの休日 (始め) -
2017 12月 金曜日 15

学校の休み :


クリスマスの日 -
2017 12月 月曜日 25

カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). \"Jesus of Nazareth was probably born in springtime. But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I. Thus, a Christian element was introducedin the long-established mid-winter festivals. \"