エストニア, 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。
flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag
EDIT:あなたのプロフェッショナルな翻訳パートナーです。
edit@edit.fr
Facebook Facebook
全世界での祝日やお祝い

英国と北アイルランド(ウェールズ) - 1970年から2070年までの世界の祝日

link

1970年から2070年までの世界の祝日(銀行休業日含む)カレンダー for 英国と北アイルランド(ウェールズ)







日付 種類
中期休暇 (始め)2019 2月 土曜日 16上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
half-term holiday (end)2019 2月 火曜日 26上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
聖デイヴィッド*2019 3月 金曜日 1行事、お祝い... 
view more
イースター休日 (初め)2019 3月 金曜日 29上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more

中期休暇 (始め) -
2018 2月 金曜日 16

学校の休み :


Half-term holiday (end) -
2018 2月 月曜日 26

学校の休み :


聖デイヴィッド -
2018 3月 木曜日 1

文化 : 聖デイヴィッド(David、ウェールズ語:Dewi Sant、500年頃 - 589年頃)は、ウェールズの聖職者。ウェールズの守護聖人。カトリック教会・聖公会・正教会で聖人。祝日は3月1日で、セント・デイヴィッズ・デイと呼ばれてウェールズの祝日となっており、パレードが行われる(年によっては灰の水曜日と重ならないよう調整される)。芸術では、肩に鳩をのせ、司教祭服を着た姿で描かれる。 イングランドの守護聖人ジョージ、スコットランドの守護聖人アンドルーとは違い、地元ウェールズ出身の守護聖人である。その前半生はよく知られていない。大部分が異教の世界であったウェールズ、コーンウォール、ブルターニュにおいて信徒定住地や教会を造り続けた。彼は司教座を立ち上げ、教会会議を2度開催し、エルサレムとローマへ巡礼した。彼の菩提寺として中世を通して巡礼地となっていたセント・デイヴィッド大聖堂は、かつて彼がペンブロークシャーに建てた修道院の跡地に建てられた。彼は質素な生活と禁欲主義を実行し、信徒らにも菜食主義を説いた。デイヴィッド自身とウェールズの国花・国章となっているのは、リーキである。 [Wikipedia]


イースター休日 (初め) -
2018 3月 木曜日 29

学校の休み :