flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag
EDIT:あなたのプロフェッショナルな翻訳パートナーです。
edit@edit.fr
Facebook Facebook
全世界での祝日やお祝い

ウォリス・フツナ - 1970年から2070年までの世界の祝日

1970年から2070年までの世界の祝日(銀行休業日含む)カレンダー for ウォリス・フツナ



Internet domain: .wf - Telephone code: +681 - International dialing code: 19
週末:土曜日と日曜日




日付 種類
パリ祭**2019 7月 日曜日 14国家的記念日 
view more
テリトリーデー**2019 7月 月曜日 29世俗的な休日 
view more

パリ祭 -
2020 7月 火曜日 14

世俗的な休日 : (フェト・ナスィオナル・フランセーズ、フランス国民祭または国祭)である。しばしば「Quatorze Juillet」または「14(Quatorzeの数字化)=v(カトルズ・ジュイェ、7月14日)とも呼ぶ。 「パリ祭」は日本だけの呼び名である。これは、ルネ・クレール監督の映画 Quatorze Juillet が邦題『巴里祭』として公開されヒットしたためで、邦題を考案したのは、この映画を輸入し配給した東和商事社長川喜多長政たちである。読み方について、今日では「ぱりさい」が一般的だが、長政の妻・かしこは「名付けた者の気持ちとしてはパリまつりでした」[1]と語っている。当時の観客の大半も「パリまつり」と呼んでいたという[1]。荻昌弘もまた「私の感覚では、これはどうあってもパリまつり、だ」と述べている。「巴里祭」「パリ祭」は多くの『歳時記』の夏の季語となっている。 また、英語圏では、バスティーユ襲撃の歴史を重視して、「Bastille day」(バスティーユ・デイ)という Paid holiday when falling on Saturday or Sunday


テリトリーデー -
2019 7月 月曜日 29

世俗的な休日 : Paid holiday when falling on Saturday or Sunday