flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag
EDIT:あなたのプロフェッショナルな翻訳パートナーです。
edit@edit.fr
Facebook Facebook
全世界での祝日やお祝い

赤道ギニア - 1970年から2070年までの世界の祝日

link

1970年から2070年までの世界の祝日(銀行休業日含む)カレンダー for 赤道ギニア



Pre-electoral periods are sensitive. Check-up spots are reinforced and photographs are strictly prohibited.
通貨: Communaut Africaine Financi鑽e Franc (XAF) ... ココで換算
週末:日曜日




日付 種類
エスyI、ホネユ2019 6月 ?曜日 5世俗的な休日 
view more
マトミン、゚ (ハシ、)2019 6月 土曜日 29上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
軍隊の日2019 8月 土曜日 3世俗的な休日 
view more
送キィモ崙ネユ2019 8月 木曜日 15世俗的な休日 
view more
マトミン、゚ 」ィスKチヒ」ゥ2019 10月 火曜日 1上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
独立記念日*2019 10月 土曜日 12国家的記念日 
view more
すべての聖人の休日 (始め)2019 10月 土曜日 19上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
すべての聖人の休日 (終了)2019 11月 火曜日 5上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
聖者イザベル2019 11月 日曜日 17ポストカード花 
view more
無原罪懐胎の日**2019 12月 日曜日 8カトリック 
view more
クリスマス休暇 (終了)2019 12月 土曜日 21上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
view more
クリスマスの日*2019 12月 ?曜日 25カトリックやプロテスタント 
view more

エスyI、ホネユ -
2018 6月 火曜日 5

世俗的な休日 :


マトミン、゚ (ハシ、) -
2018 6月 金曜日 29

学校の休み :


軍隊の日 -
2018 8月 金曜日 3

世俗的な休日 :


送キィモ崙ネユ -
2018 8月 ?曜日 15

世俗的な休日 :


マトミン、゚ 」ィスKチヒ」ゥ -
2018 10月 月曜日 1

学校の休み :


独立記念日 -
2018 10月 金曜日 12

世俗的な休日 : 1968年に英国から独立が認められた日 2019 date not confirmed


すべての聖人の休日 (始め) -
2018 10月 金曜日 19

学校の休み :


すべての聖人の休日 (終了) -
2018 11月 月曜日 5

学校の休み :


聖者イザベル -
2018 11月 土曜日 17

ポストカード花 :


無原罪懐胎の日 -
2018 12月 土曜日 8

カトリック : Dogma that Mary was from the first moment of conception, totally free from the stain of original sin. Paid holiday when falling on Saturday or Sunday


クリスマス休暇 (終了) -
2018 12月 金曜日 21

学校の休み :


クリスマスの日 -
2018 12月 火曜日 25

カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). \"Jesus of Nazareth was probably born in springtime. But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I. Thus, a Christian element was introducedin the long-established mid-winter festivals. \"